SSブログ
■運動も食事制限も挫折した私が、偶然みつけた手軽に痩せ菌を増やす方法
投資情報 ブログトップ
前の10件 | -

投資の優良案件を見極める為には [投資情報]




皆様はボクシング界の生きるレジェンドと
呼ばれているフロイド・メイウェザー選手を
ご存知ですか?


メイウェザー選手といえば...


無敗のまま世界5階級制覇を成し遂げ
1試合のファイトマネーは300億とも言われております。


名実ともに世界代表するスター選手です。


つい最近では日本人格闘家との対戦で、
世間を賑わせたことは記憶に
新しいかと思われます。


そんな世界的大スターがつい先日、
米証券取引委員会(SEC)から罰金の
支払いを命じられたと報道されました。


理由は、報酬を受け取っていることを隠し、
一般に向けICOへの投資を勧誘していたからです。


個人のSNSを活用しファンなどに
購入を広く呼び掛けていたようです。


報酬の受け取りを表に出さなかった故に、
61万ドル(約7000万円)にも及ぶ
罰金の支払いを命じられてしまいました。


7,000万円の罰金とは、彼からすると
大した額ではないのかもしれませんが、
我々から考えるととてつもない金額ですね。


事実として暗号通貨市場には、
著名人が広告塔として宣伝している
案件は多く存在しているように感じます。


アーティストやスポーツ選手、
アイドルや公的な要人等々。


ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、
日本においても某有名ビジュアル系アーティストが
暗号通貨のプロモーションに関わっていました。


ファンとしては、好奇心をくすぐられ
投資対象としてその案件の利用や購入を
すぐに検討してしまうかもしれません。


しかし、投資家として冷静になり
再度ご確認いただきたいことがあります。


それは、表立ってプロモーションをしている人物は
ただ単に宣伝活動をしているだけなのか。


それとも運営陣の一員としてプロジェクトを
推進していく立場にあるのか、という点です。


仮に自身がプロジェクトを運営する立場なら、
ファンの期待や自身の名誉を守るためにも、
事業拡大に取り組んでいくことでしょう。


ただ単に宣伝活動をしているだけよりも、
説得力や信頼感はグッと増しますね。


著名人もしくは実績や経歴が抜群な、その道のプロが
紹介している案件に投資しようと思ったならば、


・紹介している人物がプロジェクト内で
 どういった立ち位置なのか。

・その案件に対してどこまで深い立場に位置しているのか。


この点にご注目いただくだけで、投資の成功確率は
数段アップするかもしれませんね。


優良案件を見極めるひとつのポイントとして、
念頭においていただき、投資成功に
お役立ていただければ嬉しい限りです。


ちなみに、上記のような案件の見極め方を
教えてくれるサービスがあります。



世の中の危険な投資情報を
事前に入手することができれば
投資で失敗する可能性は減ると思いませんか?


また、あなたが購入を検討している
投資案件がありましたら、サポートデスクに
調査依頼をすることも可能です。


投資は一度失敗してしまうと、
取り返しが付かないことになります。


気になる投資案件がある場合は、
資金を投資する前にまずは一度
投資のKAWARA版.comに
相談してみましょう。



皆様の投資生活において少しでも
役に立てば幸いです。

⇒投資のKAWARA版.comの詳細はこちら

共通テーマ:マネー

カジノIR法案の真意とは? [投資情報]




カジノIR実施法案成立以降、
どこの海外の大手海外カジノ企業が
日本に参入するのかが注目を集めております。


ただ、世論に耳を傾けてみると
外資系企業の参入に反対意見も多いようです。


「外資系企業が運営の主導権を握る」


と聞くとなにやら日本の富が
奪われていくような気がしますが...


ただ、皆様に誤解してほしくないのは

「決して外資系企業がカジノIR施設の
 利益を牛耳るわけではない」


ということです。


■海外カジノ企業の取り分


海外カジノ企業が日本IR施設の
運営主導権を握ると、日本の富が
海外に奪われるのではないかと
考える方も多いかと思いますが...


実は外資系企業の取り分は
あくまで最終利益だけなのです。


人件費から光熱費までの諸経費
そして、法人税を日本に支払い、
残りを外国人の株主に分配するのです。


さらには、日本政府は日本企業、
外資系企業に関係なく、収益の30%を
「カジノ税」として徴収する方針を
示しております。


となると、実は外資系に落ちる金額よりも
日本に落ちる比率の方がはるかに多いのです。


むしろ、IR施設の建設費等では
海外企業から5000億円~1兆円の
投資が発生します。


バランスシートを考えたとしても
外資系企業の日本カジノ参入は
経済面でも非常にプラスです。


■海外カジノ企業の思惑。


それでも、海外カジノ企業がここまで本気になり
日本カジノ産業への参入をもくろむ理由はただ一つです。


たとえ最終利益だったとしても、日本のカジノでの
収益は膨大だと確信しているからです。


それほどまでに
日本カジノ市場は巨大なのです。


その決定的な判断材料が
「日本のギャンブル市場の規模」です。


すでにご存じの方も多いかと思いますが、
パチンコに競馬や競輪など
公営ギャンブルを加えるとその市場規模は
6兆円にも上ると言われています。


その巨大市場がカジノ開業によって
外資系にも開放されると海外カジノ企業は
考えているようです、、、


外資系企業がここぞとばかりに
「チャンス」と考えるのも当然のことですね。


実際、どの外資系企業に
日本カジノについて話を聞いても
決まって「パチンコ」が話題に上るそうです。


つまり、彼らはカジノによって、
パチンコの巨大市場に切り崩すことが
本来の目的なのかもしれません。


■IR法の真意

ただ、実は、日本政府も
本質的なところでは同じ考えを持っています。


つまり、言い方は少し悪いですが
「IR法案=パチンコ潰し」なのです。


皆さんもご存知の通り、
現在の法律ではパチンコは
ギャンブルとして扱われていません。


となると、税収も法人税のみです。


そして、極めつけがギャンブルではないため
依存症対策を打つことが出来ないのです。


では、なぜ日本はギャンブル依存症大国と
呼ばれているのにも関わらず、
その対策を打つことが出来なかったのか?


その答えはパチンがギャンブルとして
扱うことができないというからくりが
あったからです。


ただ、今回のIR法案は
「ギャンブルを広く捉えよう」という方針です。


IR法案とは別の法律ですが、
「ギャンブル依存症対策法」も
成立しております。


なんとこの法律の中で初めてパチンコも
ギャンブルとして扱われているのです。


つまり...


IR法案成立によって
パチンコ依存症者への対策を
打つことが可能になったのです。


さらには、有識者の中には、


IR法案の中に次にパチンコに
適用されるであろう項目がたくさんあり、
今後はパチンコもカジノ同様の扱いをされる


という見解もあるようです。


カジノと同じようにパチンコにも

「法人税+30%の課税」

このような対応を取る可能性も大いにあります。


臨時国会の際に野党が必死になって、
反対する姿の裏側にはパチンコ業界を
守るという意思が見え隠れしていたのかもしれません。


なぜなら、野党にはパチンコ業界と
深く関わる人物が多いですから、、、


このようにカジノは知れば知るほど、
色々な力が入り混じっています。


ただ、言い換えればそれほどまでに
みなが注目している市場であるということです。


日本カジノIR市場は
「0」から「1」になる市場です。


投資において大きなチャンスを掴むことが出来る
タイミングは「0」から「1」になる時です。


つまり、今が絶好のタイミングなのです。


しかし、チャンスを掴む為には、
「情報が命」となります。


カジノIR関連の情報を仕入れる際には
お勧めしたいサービスがあります。


それは、「カジノIR長者.com」です。



ご登録いただければ、有益な情報を日々、
受け取る事ができます。


しかも、「完全無料で」です。


今後、登録者数が増えれば有料となる
可能性もあり得ますが、
現時点では無料で登録可能です。


今すぐにご登録いただき、
有益な情報を受け取ってください。


⇒『カジノIR長者.com』の詳細はこちら

共通テーマ:マネー

北海道版カジノリゾートへの参入を狙う企業とは? [投資情報]




日本版カジノリゾート誕生に向けて
大手企業が様々な動きを取っております。


今後もしばらくは
どの企業が日本に参入してくるのか?
というニュースが世間を賑わせると
言われております。


カジノIRの誕生は国益を
賭けたビッグビジネスです。


投資家の皆様にとっては、巨額の利益を
獲得できるチャンスなのです。


この文章をご覧になっているということは、
少なからず投資家として成功したい気持ちを
お持ちなことかと思います。


投資成功の最も近道は、
一次情報を入手することです。


その際にお勧めの
情報配信サービスがあります。


それは、「カジノIR長者.com」です。



ほぼ毎日、鮮度の高い情報を
配信してくれるので重宝しております。


是非、ご登録いただき、
情報収集に努めてください。


それでは、話を本題に戻します。


皆さんはハードロック・ジャパンという
企業をご存知ですか?


母体は世界中で人気を誇る
「ハードロック・カフェ」や
カジノ、ホテルを運営する大企業です。


ハードロック・ジャパンは北海道は苫小牧の
カジノリゾート市場への参入を目標としております。


ハードロック・アジアのCEOである
エドワード・トレーシー氏は、


「北海道への参入だけが目標だ。」


と語るほど北の地に、
大きな魅力を感じているようです。


そんな中、先日、新たな展開がありました。


何と地元のプロサッカーチームである
北海道コンサドーレ札幌の
「オフィシャルトップパートナー」になる
契約を結んだことを発表したのです。


コンサドーレ札幌は現在、Jリーグ1部で
4位につける実力十分の強豪クラブです。


アジアで最も権威高い大会の
アジアチャンピオンズリーグ(ACL)への
出場の可能性も残しているほどです。


オフィシャルトップパートナーになれば
ユニフォームや選手のトレーニングウェア(胸)などに
社名(商品名)が掲載されることになります。


ということは...


仮にコンサドーレ札幌がACLへ出場すれば、
日本だけでなくアジア全土のサッカーファンが
「Hard Rock Japan」という企業名を
目にすることになるのです。


オフィシャルトップパートナーとして
地元クラブを仮にACL優勝へと導けば、
何よりのPRとなります。


きっと北海道民の心をグッと
掴むことになるでしょう。


ハードロック・ジャパンは、


「家族向けの世界レベルの
 リゾート建設を目指していく」


とも公言しています。


地元のサッカークラブを一番応援してくれる
企業がカジノリゾートを作ったすると、
地元の方々は大歓迎となる間違いなしです。


今後も北海道版カジノリゾートの動向に
注目していきたいと思います。


今後の動きを見逃さない為にも、
「情報」を得ることが重要になってきます。


そこでお勧めしたいサービスが、
「カジノIR長者.com」です。




ご登録いただければ、有益な情報を日々、
受け取る事ができます。


しかも、「完全無料で」です。


今後、登録者数が増えれば有料となる可能性もあり得ますが、
現時点では無料で登録可能です。


今すぐにご登録いただき、有益な情報を受け取ってください。

⇒『カジノIR長者.com』の詳細はこちら

共通テーマ:マネー

仮想通貨バブルに乗った人と乗れなかった人の違いとは? [投資情報]




2017年に空前の一大ブームを
巻き起こした仮想通貨市場。


世間からの注目が高まり続け、
強烈な価値高騰が起こりました。


中でもビットコインの価格推移は顕著で、
2017年1月に10万円前後だった価格が、
2017年末には一時200万円を超えるまでに
価格が高騰しました。


世間では「億り人」なる言葉が流行するほど、
億単位の資産を一瞬で形成した人も現れたほどです。


しかし皆さんは、自分に
置き換えた時にどうでしょうか?


実際に億単位の利益を獲得できたでしょうか?


恐らくほとんどの人が良くて数百万円、
中にはバブルにもかかわらず大損をした人も
いるのではないでしょうか?


実は、あの仮想通貨バブルで億単位の
資産を獲得できた人々にはある共通点があります。


それは、


「バブルが始まる前に情報を
 キャッチし投資を済ませていた」


ということです。


実際の仮想通貨バブルで
億り人になった人たちは
仮想通貨バブルが訪れる2017年
以前に複数の仮想通貨に投資していました。


つまり、バブルの予兆を
いち早くキャッチした時点で
既に動いていたのです。


そして、ほとんどの人たちは
2017年にバブルが到来してから
仮想通貨への投資を開始しました。


これが億り人になれた人と
そうでない人の大きな違いです。


実は今、日本国内に新たな
バブル市場が生まれようとしています。


それは、「カジノIRバブル」です。


2018年7月20日にカジノIR実施法案が
成立したことにより、日本に
カジノIRが誕生致します。


日本版カジノIRが誕生した際には
その経済波及効果は47兆円
とも言われています。


47兆円と聞いてもいまいちピンと
こないかもしれませんが...


実は、日本の国家予算の
約半分にも及びます。


これから、カジノIRに関わる
あらゆる業界がバブルによって
大きな利潤を手にすることは目に見えています。


では、実際にカジノIRバブルが隆盛を
極めるのはいつ頃なのでしょうか?


それは、カジノが開業する2023年~2025年頃
だと言われています。


したがって、現在のカジノIRバブルの状況は
過去の暗号通貨バブルの2017年以前の状況だと言えます。


先述している通り、バブル市場で大きな利益を
手にするためには、バブルが起こる前に
いち早く情報をキャッチし、投資を済ませて置く必要があります。


ですので、これから数年間は
カジノIRへ投資し、バブルに
乗ることができる絶好のタイミングなのです。


しかしながら、具体的にどうやって
投資をすればいいのか?と迷う方は多くいるかと思います。


現在、インターネット上で
カジノIRに関する情報を調べても
さほど有益な情報は出てきません。


しかし、「カジノIR長者.com」という
サービスは別格です。



カジノIR長者.comではカジノIRバブルで
大きな利益を手に入れるためのあらゆる情報を
メールマガジンにて配信してくれています。


しかも、完全無料で登録可能なのです。


現時点では無料ですが、
これだけ有益な情報を配信しているので、
今後有料化されることも十分考えられます。


仮想通貨バブルで利益を獲得できなかった方、
カジノIRバブルで億単位の資産を手にしたい方は
まずはメルマガに登録してみてはいかがでしょうか?


仮想通貨場バブルの時の様に、
後で後悔しないためにも、
今から着実にバブルに乗る為の
準備をしておきましょう。

⇒『カジノIR長者.com』の詳細はこちら

共通テーマ:マネー

危険な投資案件から事前に身を守る方法 [投資情報]



投資詐欺、運用失敗、元金割れ、解約拒否…


世の中の危険な投資情報を
事前に入手することができれば
投資で失敗する可能性は減ると思いませんか?


実はそのような投資トラブルを調査し
まとめた上で情報をシェアしてくれる
WEBサービスが存在しています。


投資のKAWARA版.comでは
取り上げた投資案件や運用会社を
それぞれレポート化し、
バックナンバーとして公開しています。


バックナンバーでは投資案件、運用会社、
すべて実名にて公開されているため、
投資してはいけない会社、
案件が「ひと目で」わかります。


ですので、どんな投資会社が、
どんな方法で資金を集め、失敗し、騙してきたのか?


これらが一目で分かるという訳です。


投資案件はまさに玉石混淆。


本当に稼げるものもあれば、
はなから持ち逃げをたくらんでいる輩もいます。


後者については、はたから見ても絶対に
「これは悪質だ」と見抜くことはできません。


たとえ、広告に芸能人を起用していたとしても、
大々的なパーティーを開いていたとしても、
それらは信用に値しないケースが多いのです。


しかし、KAWARA版バックナンバーを確認すれば、
過去に会員様から頂戴した、


・トラブル報告があった案件

・弊社が潜入調査を行った案件


などを確認することができます。



バックナンバーには、これまで調査した
投資案件のレポートをすべて公開しております。


今すぐその内容をあなたの目で直接確認してください。


また、あなたが購入を検討している
投資案件がありましたら、
サポートデスクに調査依頼をすることも可能です。


投資は一度失敗してしまうと、
取り返しが付かないことになります。


気になる投資案件がある場合は、
資金を投資する前にまずは一度
投資のKAWARA版.comに
相談してみましょう。


また、


「バックナンバーにはないけど調査してほしい」


といった案件がありましたら、
ぜひお気軽にご相談ください。


他の会員様から弊社に該当案件に関する情報が
入っていないかお調べし、共有させていただきます。


弊社は、危険な投資案件から、
あなたの資産を守る為にできることは
全力でサポートいたします。


あなたが長年かけて手に入れた資産が
泡になってしまう前に、投資案件選びで
少しでも迷っている方は必ず弊社までご連絡ください。

⇒投資のKAWARA版.comの詳細はこちら

共通テーマ:マネー

カジノIR実施法案成立後の新たな時流に乗る近道とは? [投資情報]




カジノIR実施法案成立以降、
日本へ参入する外資系企業の
ニュースが話題となっております。


今後もしばらくは
カジノ関連のニュースが
世間を賑わせると言われております。


カジノIRの誕生は国益を
賭けたビッグビジネスです。


投資家の皆様にとっては、巨額の利益を
獲得できるチャンスなのです。


この文章をご覧になっているということは、
少なからず投資家として成功したい気持ちを
お持ちなことかと思います。


投資成功の最も近道は、
一次情報を入手することです。


その際にお勧めの
情報配信サービスがあります。


それは、「カジノIR長者.com」です。



ほぼ毎日、鮮度の高い情報を
配信してくれるので重宝しております。


是非、ご登録いただき、
情報収集に努めてください。


それでは、話を本題に戻します。


世間では外資系企業の参入が
取り沙汰される中、また新たに
日本への参入を表明した企業があります。


それは、カジノ発祥の地であるオーストリアに
拠点を構える欧州最大手のカジノIR企業


「カジノオーストリアインターナショナル」


です。


カジノオーストリアインターナショナルは
グループ企業を含めると世界18か国、
66か所以上の地域でカジノIR施設を
運営している大手企業です。


グループ全体の売上額は
世界有数と言われております。


さらに、経営にはオーストリア政府が
介入しており、国が認める超優良企業です。


また、ギャンブル依存症対策にも
万全を期しております。


大金を投じてしまいそうな
ハイローラーを見つけた場合には
所得証明と資本明細書の提出を
義務付けております。


そして、毎年の収益の一部を
社会事業活動に寄付しており、
企業の鏡とも言うべき会社です。


先述したように、日本のカジノIR市場へは
多くの外資系企業が参入に名乗りを挙げています。


全国各地で行われるプレゼン合戦。


日本版カジノリゾートはどこの企業が
手掛けるのかが注目を集めております。


実績があり、社会的信頼性が高く、リスク対策も
完璧な企業が参入してくれば日本のカジノIRが
盛り上がる事は間違いありません。


カジノIR市場の今後の動きは目が離せません。


今後の動きを見逃さない為にも、
「情報」を得ることが重要になってきます。


そこでお勧めしたサービスが、
「カジノIR長者.com」です。



ご登録いただければ、有益な情報を日々、
受け取る事ができます。


しかも、「完全無料で」です。


今後、登録者数が増えれば有料となる可能性もあり得ますが、
現時点では無料で登録可能です。


今すぐにご登録いただき、有益な情報を受け取ってください。


⇒『カジノIR長者.com』の詳細はこちら
タグ:カジノIR

共通テーマ:マネー

カジノIR市場から利益を得るための唯一の方法 [投資情報]



11月5日に世界35カ国でカジノリゾートを運営する
カジノオーストリアインターナショナルが
正式に日本市場への参入を発表しました。


これにより、日本市場への参入を発表している
カジノIR企業は十数社になります。


しかしながら、日本のカジノIRの誘致枠は3ヶ所です。


日本のカジノIR市場に参入することができれば、
それは金の打ち出の小槌を手に入れたも同然。
半永久的に莫大な?利益を得ることができます。


しかし、3ヶ所に漏れてしまえば、
当然日本のカジノIR市場がもたらす
潤沢な利潤の恩恵を受けることはできません。


なので、名だたる外資系IR企業はこぞって
候補地に対してPR合戦を展開しているのです。


カジノ業界の最後のドル箱と言われる日本市場参入の
椅子取りゲームは更に熾烈を極めることになるでしょう。


世界の超一流企業がこぞって参入したがるほど、
日本のカジノIR市場は強烈な利益を生み出す力があるのです。


したがって、カジノIR市場への
投資をする権利は、


・政府関係者
・大手ファンド
・ゼネコン各社
・一部の権力者


このような力を持った人たちに
ほとんど掌握されてしまいます。


「お金はお金があるところに集まる」


残念ですが、
これが資本主義の原則です。


現時点で一般の投資家がカジノIR市場へ
投資をすることは不可能でしょう。


恐らく、数年後にはインターネット上を
カジノIR関連の投資案件が賑わせます。


しかし、その殆どはブームやトレンドに便乗した詐欺、
または粗悪な投資案件ばかりです。


FXや暗号通貨などのブーム時も?
その様な案件が横行していましたよね。


したがって、ドル箱市場が目の前に?あるにもかかわらず、
日本の投資家は、カジノIR市場への投資で
利益を得ることが?できないのです。


しかし、現時点で一般投資家の皆様でも?
カジノIR市場へ投資をすることができる?案件が
1つ存在しています。


実は、一般投資家がカジノIRへ投資する
唯一の方法が公開されています。


カジノIR長者.comではカジノIRへの
投資に関するあらゆる情報が公開されています。


現時点で、カジノIRに関する
情報配信サービスの中でも、
最も濃密な情報を配信してくれるサービスの1つです。


また、カジノIR長者.comは現在
完全無料で情報を公開しています。


私も情報を受け取っていますが、
その内容は有料でも申し分無いほどの
濃密な内容になっています。


恐らく・・・。


近い内に有料化されるのではないでしょうか?


無料期間に登録した方は、
有料になっても永年無料で利用できるみたいです。


とりあえずでも構わないので、
無料のうちにカジノIR長者.comに
登録しておくことを強くおすすめします。


カジノIR市場は、これから空前絶後の
バブル市場になります。


ぜひ、カジノIR長者.comに登録して
あなたも大きな利益を獲得するチャンスを
掴んでください。

⇒『カジノIR長者.com』の詳細はこちら
タグ:カジノIR

共通テーマ:マネー

カジノIRバブルで未来を変えるなら今がチャンス [投資情報]





今更ですが5年前、ビットコインが
世に知られていない時期に戻れるとしたら
あなたはビットコインを
「買いますか?」「買いませんか?」


100人の人に質問すれば、
100人が「YES」と答えるでしょう。


しかし、過去は過去。


どんなに悔やんだとしても
タイムマシンなんかが発明されない限り
その過去に戻る事はできません。


ただ・・。


もし5年前のチャンスが今あなたの
目の前に訪れたとしたらどうしますか?


今のあなたなら間違いなく
行動するはずです。


なぜなら、バブルの波に乗りさえすれば、
大きな恩恵を受けれることを知っているのですから。


実はそれと同等のチャンスが実はあるのです。


それが、カジノIRバブルです。


むしろ、仮想通貨バブル以上かもしれません。


これからお伝えする内容はあなたの
未来に大きく関わるものです。
ですので時間を確保して
必ず最後までご覧ください。


2018年7月20日。
いわゆる整備法と言われる
IR法(特定複合観光施設区域整備法)が
衆議院で可決され、法案が成立しました。


それを皮切りに待ちに待ったと言わんばかりに、
数々の地方自治体がカジノIR候補地に名乗りを上げ、
今も尚、激戦の誘致合戦が行われています。


完成は2023年頃を予定され、
2020年の東京オリンピック後の
目玉事業とする予定です。


2023年にオープンとするなら
残り5年ほどで日本国内に
カジノIR施設がオープンします。


ただ、どうでしょう?


日本国内にカジノIR施設ができ、
たくさんの観光客で賑わうイメージが
あなたには出来ているでしょうか?


まだまだ実感が沸かない人が
ほとんどではないでしょうか?


ただ、それはあなただけではありません。


世の中の殆どの人達が
同じように未来のこととして
考えているはずです。


だからといって、安心してくださいと
言っているわけではありません。


あなたは周りと一緒で良いですか?


この記事を読んでくれているという事は
何かカジノIRに魅力を感じたからではないでしょうか?


その行動は正解です。


あともう少しで、あなたの未来が変わります。


政府はカジノIR施設を
観光先進国に引き上げる原動力として
意地とプライドと誇りをかけ
本気で成功させようとしてます。


ただし、このことに気づいているのは
ほんの一握りです。


当然ですが、オープンの時期が近づき、
カジノIRは一般の方でも当たり前に
知られるようになってからではタイムアウトです。


「今週はどこどこ(カジノ施設の名称)に遊びに行こうよ」


そんな会話が聞こえてきたときには
もう遅いということは既に経験済ですよね?


では、そうならないために、
する行動はただ一つです。


今からカジノIR関連のビジネスに
投資をしておくことです。


日本のカジノIRに関わるビジネスは
非常に大きな利権になります。


カジノIRの利権を掌握することで、
今後永続的に巨額の利益を享受することができるのです。


既に水面下では大手ゼネコンや
政府関係者などが利権の掌握に動き始めています。


ですので、わたしたち一般投資家が
カジノIRへ投資をするチャンスは
ほとんどないと言っても過言ではありません。


しかし、実は1つだけ一般投資家でも
参加することができるカジノIRに関わる
投資案件が存在しています。


その投資案件は、国や大手ゼネコンが
まだ気がついていない巨大な利権を
掌握するベく動き始めています。


その利権とは「ディーラー人材」という利権です。


日本にカジノIRが開業した際、
ディーラーは約1万人必要だと言われています。


しかし、日本人のディーラーは
現在400名程度しかいません。


あと数年で1万人のディーラーを
確保する必要があるのです。


ビジネスにおいて人材は
必要不可欠なピースです。


そのディーラー人材の利権を
今のうちに掌握してしまえば、
永続的に巨額の利益を得ることができます。


実は、ディーラー人材の利権を掌握する
投資案件が「カジノIR長者.com」という
投資情報サービスで紹介されています。


恐らく、日本でこの投資案件を
紹介しているのはカジノIR長者.comだけでしょう。



間もなく訪れるカジノIRバブルで
大きな利益を得たいのであれば、
今すぐカジノIR長者.comに
登録することを強くお勧めします。


ここでもう一度質問です。


あなたは5年前に戻れるとしたらビットコインを
「買いますか?」「買いませんか?」


わたしなら確実に全資産を投じます。


もし、再びそのチャンスが目の前に
訪れているとするればどうしますか?


わたしなら間違いなく今すぐに行動します。


大きな資産を築きたいなら
今すぐに動き出すべきです。


あなたが数年後、巨額の利益を手に入れるための
情報はカジノIR長者.comで公開されています。


あなたの理想の将来を手に入れるためにも
今すぐカジノIR長者.comに登録して
情報を入手してください。


⇒『カジノIR長者.com』の詳細はこちら
タグ:カジノIR

共通テーマ:マネー

シンガポールが世界有数の観光大国となった理由とは? [投資情報]




2010年にカジノリゾートが解禁されてから
アジア随一の観光大国となったシンガポール。


シンガポールには2箇所のカジノリゾートがあり、
多くの観光客が訪れております。


1箇所は、3本のタワーホテルの屋上が
船の形に連結され、天空のプールが楽しめる
マリーナベイ・サンズ。


もう1箇所は、地上がユニバーサルスタジオで
地下がカジノになっている
リゾートワールド・セントーサです。


カジノリゾートを解禁してから2009年には
970万人だった観光客が2017年には1740万人と
約8割も増加しております。


また、国際会議の開催件数も開業から5年間で、
23%も増加したそうです。


では、なぜシンガポールは成功できたのでしょうか?


それは、カジノというギャンブル色を
薄くしたことが大きな要因だと言われております。


シンガポールが力を入れたのは、
ノンゲーミング施設という
カジノ以外の施設だったのです。


国際会議場、ショッピングモール、レストラン、
映画館、遊園地、ホテルなどです。


つまり、カジノ以外の点を重視したことで
観光客からの注目を集めたのです。


一般的には、多くの観光客がカジノを楽しみますが、
周りの施設を重視することで付加価値を上げたのです。


それこそがシンガポールが成功した理由なのです。


そして、日本のカジノもシンガポールを
お手本にするのではないか?といわれております。


日本の技術やサービスの質を考えると
カジノ以外の施設を充実させることは
十分に可能です。


他にも、「おもてなし」などの
日本の伝統や文化を発信することで、
外国人観光客を誘致することも
考えられています。


日本は世界有数の経済大国で、
2017年には2869万人もの観光客が
訪れました。


このような観点から日本のカジノリゾートは、
世界最大級のマーケットになり得るといわれ、
大手の外資系企業も日本への参入を虎視眈々と
狙っております。


また、これから人口減少が進む日本において、
観光産業の発展は非常に重要な財源となってきます。


また、カジノIRが誕生することによって、
900種類の職種と10万人以上の雇用が
生まれるといわれております。


日本経済の活性化の為には、カジノが
起爆剤となりえることは容易に予想できます。


ちなみに、なぜ私がこれほどまでに
世界のカジノ市場について知っているかというと、
カジノIRに特化した情報配信サービスに出会ったからです。



カジノIR長者.comは通常では手に入らないような
カジノIR投資に関する秘匿情報をほぼ毎日配信してくれます。


しかも、「完全無料で」です。


登録者数が増えれば有料となる可能性もあり得ますが、
現時点では無料で登録可能となっております。


ちなみに、有料でも利用する価値があるほどの
濃密な内容の情報を提供しているのです。


あなたも、少しでもカジノIR投資に興味があるのであれば、
カジノIR長者.comが無料のうちに必ず登録しておいてください。

⇒『カジノIR長者.com』の詳細はこちら
タグ:カジノIR

共通テーマ:マネー

九州にカジノリゾート誘致の動き活発化‐カジノIR投資関連情報 [投資情報]





カジノリゾート誘致に向けた動きが、
九州は長崎で活発になっています。


つい先日の事ですが、
九州第一弾のIR認定獲得の為に
官民一体となったIR推進決起大会が
佐世保市で開催されたようです。


参加者は延べ340名。


会場は人で溢れかえり、急遽増設された
席もあっという間に満席という盛況ぶり。


カジノIR法案成立に深く関わった
遠山清彦衆院議員が講演をおこない、
長崎IRを実現するために必要なことを
詳しく述べたようですよ。


ご存知のように長崎は、カジノリゾート誘致に
早い段階から名乗りを上げていました。


コンセプトは「ユニーク・マリンIR」。


海外との交流とともに発展してきた「歴史」をバックに、
「海や島」など、美しい自然を活用したオリジナリティ
溢れるIRの実現を目標にしています。


カジノリゾートを佐世保へと誘致し、
旅行会社大手のH.I.Sが運営する
ハウステンボスとの相乗効果を狙っています。


ちなみに。


今年8月には佐世保市長を含む
佐世保市推進協議会の一行がマカオ大学を訪問し、
同地へのIR誘致の為の提携を要請したようです。


もともとアジアとの近接性から専門家の間では、
長崎が秘めるポテンシャルは高いと言われてきました。


「平和」「産業革命」「文化」を象徴する建造物が多く、
外国人観光客は年々増加傾向にあります。


H.I.Sと連携し世界最高水準のIRを導入できれば
長崎だけではなく九州全土にも大きな恩恵を
もたらせてくれる事が期待できますね。


「観光立国」を目玉に掲げる日本。


カジノリゾートの誘致合戦は
全国各地でスタートしています。


水面下では多くの海外IR企業が
この超巨大市場に参入しようと、
目下プレゼンを展開中。


あなたが住んでいる町にも数年後、
きらびやかなリゾート施設が
姿を現しているかもしれません。


長崎や大阪、北海道を筆頭に、
地方都市の動きも、慌しさを見せはじめました。


まだ実感はないかもしれませんが・・・


確実に新たな時代は動き始めています。


投資家として成功する秘訣。


それは、新たな市場が誕生した場合、
いち早くそれに飛び乗ることです。


いち早く飛び乗るためには情報の
入手スピードが非常に重要になってきます。


わたしはカジノ関連の情報は
「カジノIR長者.com」という
サービスを活用して入手しています。



カジノIR長者.comは通常では手に入らないような
カジノIR投資に関する秘匿情報を毎日配信してくれます。


さらに、これがなんと無料サービスなのです。


サービス料が無料である理由は不明なのですが、
おそらく最近立ち上がったサービスなので、
今は登録会員数を増やすために無料にしているのだと思います。


恐らく、数ヶ月後には有料サービスになっているでしょう。


有料でも利用したいくらい
濃密な内容の情報を提供してくれています。


あなたも、少しでもカジノIR投資に興味があるのであれば、
カジノIR長者.comが無料のうちに必ず登録しておいてください。


⇒『カジノIR長者.com』の詳細はこちら

共通テーマ:マネー
前の10件 | - 投資情報 ブログトップ
■運動も食事制限も挫折した私が、偶然みつけた手軽に痩せ菌を増やす方法
広告スペース
Copyright © JIN’S日記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます