SSブログ
■運動も食事制限も挫折した私が、偶然みつけた手軽に痩せ菌を増やす方法
仮想通貨 ブログトップ
前の10件 | -

仮想通貨投資の実態とは?‐優劣を見極める3つのポイント [仮想通貨]




去年の仮想通貨バブルはかなりの盛り上がりでしたが、その波に乗ろうと新興コインや仮想通貨のICOに投資したものの、いつまでたっても上場されず、いまだに資産化できていない、こういった事例が今年はとっても多いんですね。


コインを買ってみたももの、ビットコインに換えることもできず、日本円にもできずにそのまま放置しているケースが多々あります。


こういった被害に遭遇した人は、「自分がまさかこんな被害にあうとは…」と思ったのではないでしょうか。


もしその投資したコインが偽物か本物か、あらかじめ把握することができれば、仮想通貨投資で勝者になる確率がぐんとあがるはずですよね。


仮想通貨の良し悪しを見抜くときにポイントになることは次の3つになりますので、参考にしてみてください。


■仮想通貨の良し悪しを見抜く3つのポイント


1仮想通貨を発行する目的は明確になっているか?
2運営元の組織や運営に携わる人物や機関に透明性はあるか?
3コインの価値を高める戦略と収益モデル、理屈は妥当るか?


もしこの3点がきちんと公開されていて、その内容についてあなたが納得できるのであれば、そのコインは投資を検討してみる価値があると言えます。


しかし、このうちの一つでも充分でないときは、すぐにアクションを起こさずに様子見したほうがよいです。


ただ、こういった情報を個人投資家が自分で調べ、その良し悪しを判断するのは、そう簡単ではありません。


どうしてかというと、運営組織の実態を見抜くというのは、一般の人には難しく、広告宣伝レベルでいくらでも取り繕うことができるからです。


一個人投資家の私も、今まで何度となくチャレンジしてきましたが、やはり個人では限界があり、なかなか優良なコインに投資することができませんでした。


しかし、とある投資関連の情報を提供してくれるメルマガサービスを知って、この個人投資家の弱点を克服できたんですね。


そのメルマガサービスとは『投資のKAWARA版』というもので、そこには読者から寄せられる情報はもちろん、独自のルートで仕入れた情報を共有してくれます。


それだけでなく、もし判断に迷った投資案件があれば相談することができ、経験豊富な専門スタッフからアドバイスをもらうこともできます。


ちょうと今、無料で登録できるキャンペーンをやっているので、もし私と同じように投資案件の判断に迷っているなら、ぜひ登録しておいてください。


⇒投資のKAWARA版.comの詳細はこちら

共通テーマ:マネー

あなたは最近話題のIEOをご存知ですか? [仮想通貨]



IEO(Initial Exchange Offering)とは、
既存のICOにおけるトークンの販売や
配布を仮想通貨取引所に委託して行う
資金調達方法です。


「仮想通貨取引所を仲介するICO」


と言えばわかりやすいでしょうか?


最近では、IFOやらIAOやら、
色々な資金調達方法が増えていますが
私が最も注目しているのは、IEOです。


なぜなら「安全に投資できる」から。


従来のICOですと、
誰でも簡単に実施できてしまいます。


ICOを実施する企業やプロジェクトに
立ち入り審査が行われるわけでもなく、
一定のルールも定まっていない。


そのため現在は本物と偽物が混合し、
見極めが難しくなっております。


さらに、今日の仮想通貨市場は冷え込み気味。


ICO割れするプロジェクトも多く、
詐欺、持ち逃げ、元金割れなどの
投資トラブルは未だに乱発しております。


しかし、IEOならそれらの不安要素を払拭できます。


まず、間に仮想通貨取引所が介入するため
ICOとは信頼性が段違い。


無論、取引所側も粗悪な
コインやトークンを取扱いたくはありません。


ですからプロジェクト側に対する
審査が確実に設けられることとなります。


ユーザーの信頼を
損ねるわけにはいきませんからね。


運営元や事業計画の審査は徹底されるはずです。


そうなると我々投資家は、
詐欺案件に遭遇する確率が激減しますよね?


ですから次第に…


「ICOは危険、IEOなら安全」


というイメージが世の中に
定着していくのではないかと考えています。


またプロジェクト側が発行する
コインやトークンは介入する取引所が販売します。


所在地や運営者が不明のコインより
取引所が販売しているコインの方が明らかに信頼性が高いです。


故に資金調達の成功確率が高まります。


というわけでICOよりIEOを望む
プロジェクトも増えてくるはずです。
(…真っ当なプロジェクトであればの話ですが)


さらには「資金の持ち逃げ」という
リスクも払拭されます。


販売元が取引所になるということは
資金の集金も取引所となります。


集金作業をプロジェクト側ではなく取引所が行うため、
資金の持ち逃げも現実的に不可能となるわけです。


1.厳しい審査をパスした案件
2.販売・集金を取引所が代行
3.資金の持ち逃げは不可能


上記の3つの理由によって…


・仮想通貨投資の安全性が増す
・仮想通貨投資の成功確率が増す


ということは明白です。


そのような理由から今後はICOよりも
IEOが流行るのではないかと睨んでいます。


実際、今世界の仮想通貨取引所たちは
真っ当なプロジェクトを探し回っており取引所側から「IEOさせてくれ」
というオファーを受けることも多いそうですよ。


プロジェクト側、投資家、
間に入る仮想通貨取引所。


それぞれの利害が一致する資金調達方法。


それがIEOなのです。


次なる仮想通貨長者を生み出すのは
ICOではなくIEOかもしれませんね。


しかしながら、IEOを一般の投資家で
知っている方はほんの一部です。


しかし、IEOのような最新情報を
常に入手していかなければ、
安定して投資で利益を獲得し続けることは
難しいでしょう。


常に、時流の一歩先を見る。


これが非常に重要です。


わたしは幸いなことにこのような仮想通貨業界の
最新情報を常に入手することができています。


では、どこからそのような情報を
入手しているのかといいますと
こちらのサービスです。



仮想通貨長者.comでは


・有益な新興コインの情報
・仮想通貨市場の情報
・仮想通貨のトラブル情報


など仮想通貨投資に必要な
あらゆる情報が配信されています。


さらに、登録も無料。


仮想通貨への投資をするのであれば、
まずは登録しておくべきサービスだと思います。


今から投資のタネを蒔くことで、
仮想通貨は大きな実りを授けます。


ぜひ、仮想通貨長者.comをフル活用して
あなたの投資人生にお役立てください。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>

共通テーマ:マネー

今後の仮想通貨市場の動向には注目です [仮想通貨]




今後の仮想通貨市場揺るがすような
とても大きなニュースが飛び込んできました。


中東地域で世界初の中央銀行の
認可を受けた取引所がまもなく
誕生しようとしているのです。


Rain Financial(レイン・ファイナンシャル)社が
バーレーン中央銀行のフィンテック・サンドボックスでの
1年間のテストを経て、正式にライセンスを申請したとのことです。


Rain Financial社は一般投資家と機関投資家向けの
仮想通貨取引所を2019年初頭に開設を予定しています。

※Fintech Sandboxとは…
バーレーン中央銀行に認可された金融機関や
その他の企業が、テクノロジーベースの革新的
ソリューションをテストをする環境。


元々、中東地域はイスラム教徒が多く、
イスラム教は仮想通貨そのものを
禁止しておりました。


なぜならば、イスラム教の聖典の中に


「賭博は悪魔の業で、敵意と憎悪を煽り立てる」


という内容があり、聖典に則り
ギャンブルを禁止しているのです。


そして、仮想通貨もイスラム教では
ギャンブル性が強いと捉えられ、
禁止されているのです。


ただし、中央銀行の認可を受けた場合は、


「イスラム教に準拠した仮想通貨取引所」


が誕生することになり、
仮想通貨を容認することになるのです。


イスラム教徒は約16億人いると言われており、
世界総人口の23.2%を占めています。


16億人と聞くといまいち
ピンと来ないかもしれませんが...


日本の人口の約12倍です。


また、中東地域は石油の輸出が盛んで、
多額のオイルマネーが存在いたします。


その総資金額は100兆円とも
200兆円とも言われるほど、
莫大な金額です。


仮に「この人数」と「この資金」が
仮想通貨市場に流入するとなれば?


市場は間違いなく活性化し、
多くの仮想通貨の流動性が高まると
予想されます。


そして、今、お伝えした話が
現実的に起こり得る可能性が
極めて高いのです。


現在の仮想通貨市場は
下降気味とも言われておりますが、
今回のきっかけでまた大きな盛り上がりを
見せてくれそうです。


今後の仮想通貨市場の動向にも
是非、ご注目いただきたいと思います。


ちなみに、私がこういった情報を
どこで手に入れたか気になりませんか?


それは、「仮想通貨長者.com」という
仮想通貨に特化した情報配信サービスです。



配信情報の質の高さや鮮度など、
これほどまでに優良なサービスは
他に見たことがありません。


しかも、今なら完全無料で
登録可能となっております。


私は昨年のような仮想通貨バブルが
また起こると予想しております。


バブルに乗り遅れない為にも、質の高い
情報をいち早く手に入れることは、
投資家にとって最も重要なことです。


「仮想通貨長者.com」はいち早く情報を
手に入れることができる最適なサービスとなります。


次なるチャンスを逃さない為にも、
今すぐにご登録ください。


⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>

共通テーマ:マネー

現職の国会議員が提言「仮想通貨に逃げろ」 [仮想通貨]



「私は将来、日銀デジタルと仮想通貨の
 併用になるのではないかと考えているんです」


先日、藤巻議員のインタビューコラムが
コインポストに掲載されました。


藤巻議員といえば、現・参議院議員。


日本維新の会政調会長代行であり、
元モルガン銀行東京支店長でもあります。


ジョージ・ソロス氏のアドバイザーを
歴任していた経験もあり金融知識に精通。


今現在、仮想通貨市場を盛り上げるべく
活動してくださっている国会議員です。


最近では「仮想通貨の税制改正」について
国会で奮闘してくださっています。


仮想通貨長者を目指す我々にとっては
「味方」と呼べる存在でありますね。


そんな藤巻議員のコラムの中で、
特に印象深かった内容がこちら。


「仮想通貨に逃げろ」


藤巻議員は先日「日銀破綻」という
著書を出版されています。


タイトル通り、日銀が破綻する未来を
想定した内容の書籍となっています。


もし仮に日本の銀行が破綻したり、
預金封鎖などに陥った場合、
多くの人は動揺し、混乱し、
為す術なく大切な資金を失ってしまう。


仮想通貨やブロックチェーンの誕生によって
そのような未来が訪れる可能性が高まっている。


だからこそ、今のうちから資産の逃し方を
考えていく必要がある。


複数ある選択肢の中でもっとも合理的な
資産の逃し方は仮想通貨しかない。


それが藤巻議員の主張です。


現職の国会議員である方から
日銀破綻などの警鐘を鳴らされると、
いよいよ日本にも大きな変革の時期が
訪れるのではないかとハラハラします。


またコラム内で…


「今後は政治的にもかなり利用されることになる」


と明言していたのも印象的でした。


ブロックチェーンや暗号通貨は今後、
法務局の代わりになるとか、
国が主導している不動産投資とか、
ダイヤモンドのトレースとか、
食品の安全性の問題の解消に利用される。


パブリック型は仮想通貨が必要だから、
発展していくのはほぼ確実だと話しており
結論的には…


「仮想通貨はいずれブレイクするぞ」


と締めくくっています。


現在は先入観に囚われてバカにしている
人達もいますが、これからの世界に
なくてはならない金融商品と言えるほど
成長を遂げるだろう、とのことです。


国内外の金融業界を渡り歩いていた
人だけに放つ言葉の説得力が違います。


ブロックチェーンや暗号通貨技術は、
現段階では未熟な部分もあるかもしれません。


けれども次代のインターネット革命と
言われているこのテクノロジー産業は
これからがスタートアップ。


本格的に技術が普及し市場が成熟すれば
私たちの身の回りには多くの仮想通貨と
ブロックチェーン技術が活用されるはず。


そうした未来を先読みし、
にわかファンの熱が冷めきった今こそ
仮想通貨投資に踏み出す最高のタイミングです。


有名所の仮想通貨はもちろん、
これから進展していく新興通貨など。


利幅の大きな仮想通貨を目指して、
投資の成果を勝ち取りましょう。


しかし、現在の混沌とした
仮想通貨市場の中で、有益な振興コインを
見つけ出すことは非常に困難だと言われています。


そこら中のICOが大幅下落を起こし、
多くの投資家が仮想通貨への投資に躊躇しています。


ですが、このような時こそ、
実は投資のチャンスなのです。


投資で利益を獲得するためには、
一般大衆とは逆の動きをする必要があります。


一般大衆が仮想通貨を敬遠している今こそ、
投資のタネを蒔くタイミングなのです。


問題は、どの新興コインに種を蒔くか。


実は、有益な新興コインの案件を会員限定で
紹介してるWEBサービスが存在しています。


わたしはこのWEBサービスを最大限に活用して、
既に大量の種を蒔いています。



仮想通貨長者.comでは


・有益な新興コインの情報
・仮想通貨市場の情報
・仮想通貨のトラブル情報


など仮想通貨投資に必要な
あらゆる情報が配信されています。


さらに、登録も無料。


仮想通貨への投資をするのであれば、
まずは登録しておくべきサービスだと思います。


今から投資のタネを蒔くことで、
仮想通貨は大きな実りを授けます。


ぜひ、仮想通貨長者.comをフル活用して
あなたの投資人生にお役立てください。


⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>

共通テーマ:マネー

リップルの四半期レポートが示す今後の仮想通貨市場のゆくえ [仮想通貨]




リップル社の2018年四半期(7-9月)の
レポートによると、仮想通貨XRPの
売上が前年対比で2倍以上になっているようです。


これにより、XRPの価格は
10月後半から上昇傾向にあります。


リップル社が発行するXRPは株式ではありませんが、
会社の時価総額に比例してどんどん価格が上昇してきています。


BTCやETHなどは非中央集権なので、
決算などはありませんが、XRPはリップル社が
管理する完全中央集権の仮想通貨です。


したがって、投資家目線では
会社の業績=XRPの価値と判断できるため、
株式投資のように検討することができます。


今後発行されて行くトークンも
企業が資金調達のために発行するため、
中央集権的な側面があります。


なので、トークンの価値は
発行元の会社の業績が色濃く反映されます。


最近ICO割れを起こすトークンが
多いですが、理由としては発行元の
ビジネスの業績が不透明だということが考えられます。


トークンを取引所に上場するということは
一般の投資家の厳しい目にさらされるということです。


一般の投資家たちから見て、
ビジネスモデルの正当性や
発行元の実態などが不透明であると、
それは投資リスクとして判断されます。


そのように投資リスクが高いトークンだと
判断されてしまうと、上場後も買い注文が
入らず、プレセールで購入した投資家が
売却を行うのみになります。


そうなれば、当然ですが、
価格は大暴落を起こします。


ですので、トークンであっても
株式上場と同じレベルのビジネスモデルであったり、
運営元の透明性がなければ価格の高騰は起こりえないのです。


世の中の殆どのICOや仮想通貨プロジェクトは
実態が不透明なため、価格の暴落が起こっています。


しかし、そのような状況でも
価値の高騰が起こる仮想通貨プロジェクトは
確実に存在しているのです。


問題は、どうやってそのような
有益な仮想通貨プロジェクトを見つけ出すか。


わたしはある情報配信サービスを利用して
有益な仮想通貨プロジェクトの情報を入手しています。



仮想通貨長者.comでは

・危険な仮想通貨
・有益な仮想通貨

どちらの情報も完全無料で
配信されています。


運営母体は8万人の会員を抱える
投資情報会社の投資のKAWARA版.comです。


8万人の会員から寄せられる
よりすぐりの仮想通貨情報を
メルマガやLINEなどでいつでも
受け取ることができます。


また、あなたが気になる仮想通貨の
安否をサポートデスクに相談することも可能です。


仮想通貨投資の成功の秘訣は
まずは失敗しないこと。


誰かに仮想通貨投資を紹介された際は
まずは仮想通貨長者.comの
サポートデスクに相談することをお勧めします。


仮想通貨長者.comへの登録料は
完全無料となっています。


今すぐ以下のURLから
お申込みくださいませ。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>
タグ:リップル

共通テーマ:マネー

【注意!】ADAコインを盗むウイルスファイルに感染していませんか? [仮想通貨]




telegram(テレグラム)というアプリがあるのですが、あなたはご存知ですか?


テレグラムというのは、LINEと同じようなチャットアプリのことで、ICOなどの情報収集によく使われていて、仮想通貨ユーザーからは人気のアプリです。


テレグラムは公式Q&Aで「WhatsAppやLineよりも安全である」と言っているので、セキュリティシステムにはけっこう自信をもっているようですね。


そのテレグラムの中で、ADA(エイダ)という仮想通貨を盗み取るウイルスが出回っているそうなんです。


どのようにしてウイルスに感染するのかというと、テレグラムで送られてくるある特定のファイルを開くと感染してしまうんですね。


なので、テレグラムそのものが危ないのではなく、そのウィルス感染するファイルが危ないということです。


このことを注意喚起しているのは、ADAコインを開発したカルダノ財団とカルダノプロジェクトを進めているEMURGO(エマーゴ)という会社です。


ウイルスに感染してしまうファイルの画像はエマーゴが運営するTwitterにアップされているので、もしADAをもっているなら必ずチェックしておいてください。

*参照元:エマーゴ公式Twitter
http://deeply-ex.com/L6847/cs801/13331


これからは、このような仮想通貨を盗み取るハッカーは、増えることはあっても減ることはないでしょう。


今回のようなADAを盗むためのファイルと同じやり口もどんどんだ回っていくはずです。


そんな悪徳ハッカーたちの犠牲にならないよう、仮想通貨投資に関する最新のセキュリティ情報は要チェックですね。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>

共通テーマ:マネー

仮想通貨市場の今後とは? [仮想通貨]



少し前の話になりますが…


仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)から
巨額のビットコインが流出したという
事件をご存知ですか?


モナコイン、ビットコインキャッシュと
合わせると、実に総額70億円もの
仮想通貨が行方知れずになっているそうです。


Coincheckのネムの流出事件に始まり、
仮想通貨取引所のセキュリティ体制の
甘さが世間の厳しい目に晒されております。


事件から約一ヶ月が経ち、
日本の仮想通貨市場は落ち着きを
見せたかのように思えます。


しかし、世界の市場を見た時に、
実は仮想通貨市場は活発化しているのです。


直近の世界の仮想通貨の
月間取引量は43.6兆円を記録し、
今後もまだまだ伸びていくと言われております。


どのぐらいの伸びしろがあるかというと、
株式市場と同等の規模になると予想されているのです。


日本では不信感を抱く事件ばかりが起こり、
仮想通貨への投資を見送っている方も
多いように感じます。


実はそんな時こそチャンスなのです。


投資で成功する方の共通点は


「買い控えが起こっているときこそ投資のチャンス」


と捉えます。


つまり、現在の日本の仮想通貨市場の様な状態です。


市場が完全に健全化し、成熟してしまっては、
多くの利益を獲得することは大変難しくなります。


そして市場を見極め、正しいタイミングで投資をする為には
やはり鮮度の高い情報を収集することが大切になってきます。


昨年の暗号通貨バブルのように次に来るチャンスを
逃さない為にも日々の情報収集は必ず行ってください。


実は、情報収集をする際に
うってつけのサービスがあります。


それは「仮想通貨長者.com」という
仮想通貨に特化した情報配信サービスです。


仮想通貨長者.comではほぼ毎日、
仮想通貨に関するあらゆる情報が提供されます。


配信情報の質の高さや鮮度など、
これほどまでに優良なサービスは
他に見たことがありません。


しかも、今なら完全無料で
登録可能となっております。


次なるチャンスを逃さない為にも、
今すぐに以下のURLよりご登録ください。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>
タグ:仮想通貨

共通テーマ:マネー

世界5大金融会社の仮想通貨業界参入に業界が湧いています [仮想通貨]




10月15日、世界最大級の金融企業、
Fidelity Investmentsが仮想通貨業界に参入するため、
新規関連会社を設立したことがわかりました。


Fidelityは70年以上の歴史を持ち、
約800兆円の資産管理を任されている、
世界5大金融サービスプロバイダーです。


Fidelityが仮想通貨業界にどう参入し、
私たち仮想通貨ユーザーには
どんなメリットがあるのか?


Fidelityが展開予定となっている
仮想通貨関連サービスは、


・仮想通貨取引プラットフォーム
・機関投資家基準のカストディ
・ノンストップでの機関投資家向けアドバイス対応


の3つです。


特に注目したいのは、
機関投資家基準のカストディです。


カストディとは「保管」を意味します。
つまり機関投資家が安心して利用できるレベルの、
仮想通貨の保管、管理サービスを提供するということです。


CoincheckやZaifなど複数の取引所が
過去ハッキングを受けたことを考えてても、
信頼できる企業によるカストディサービスの導入は、急務です。


機関投資家が納得するレベルの
カストディサービスが導入されれば、
仮想通貨市場には約2兆円の
資金流入が見込めると試算されています。


2兆円もの資金が仮想通貨市場に流れ込めば、
昨年末以上の仮想通貨バブルが
起こる可能性もありますね。


Fidelityのような世界最大級の企業が
仮想通貨カストディに参入することで、
機関投資家からの資金流入は、飛躍的に高まるでしょう。


Fidelityが今回設立した新会社の本格的稼働は、
2019年初頭とされています。


これから来年が楽しみになりましたね。


機関投資家が本格的に仮想通貨業界に参入すれば、
いよいよ仮想通貨業界は成熟したと言えます。


業界の健全化、成熟は朗報ではありますが、
完全に成熟してしまうと、旨味を抜きにくくなります。


取引所上場前のコインと同じです。


保有を検討していた新興コインを買い逃し、
利確できなかった方、昨年末の仮想通貨バブルを逃した方は、
これ以上チャンスを逃さないようにしてくださいね。


来るチャンスを逃さないためにも、
情報感度は常に高めておく必要があります。


しかし、忙しい毎日を過ごしながら
情報収集に勤しむのも大変ですよね。


そこでお勧めしたいのが、
こちらの情報配信サービスです。



仮想通貨長者.comでは
仮想通貨の市場情報からアルトコインの情報まで
仮想通貨に関わるありとあらゆる情報が提供されています。


しかも完全無料で、です。


情報の濃密さ、配信頻度、ボリュームからして、
おそらくそのうち有料サービスになるかと思います。


ですので、今のうちに無料会員として
登録しておくことを強くお勧めします。


再度訪れるチャンスを逃さないためにも、
今すぐこちらのURLから登録してください。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>
タグ:仮想通貨

共通テーマ:マネー

仮想通貨市場はもう終焉なのか? [仮想通貨]




最近、わたしにこんな問い合わせが寄せられました。
(多少読みやすいよう修正しています。)


「一時期、200万円を超えていたビットコインの
 価格が戻る気配がありませんが、もう仮想通貨は終わりでしょうか」


「わたしの周りの人が仮想通貨投資から引き上げています。
 撤退すべきでしょうか?」


といった、市場にネガティブな意見です。


昨年の市場の盛り上がりをご存知の方は、
今年に入って、下火になった印象を受けるのかもしれませんね。


しかし、よくよく考えてもみてください。


なぜ今、上場企業が続々と取引所を買収し
仮想通貨市場に参入しているのか。


上場企業は社長の一存だけで
ビジネスはできません。


ステークホルダーと呼ばれる、株主、従業員、金融機関、
取引先、税務当局、行政官庁など、企業の活動によって
影響を受けるすべての利害関係者とのバランスを取り、
付加価値を提供し、成長し続けなければならないからです。


特に新ビジネスを展開するときは
様々な根回しが必要でしょう。


将来性、社会性、収益性など、様々な角度から
参入するかどうかを検討しているはずです。


そんな日本の一流企業の頭脳が、
仮想通貨市場に“GO”を出した。


これがどんな意味を持つのか、
ご理解いただけるはずです。


昨年の仮想通貨の盛り上がりは
確かに凄まじかったです。


正直、昨年の中盤から終盤にかけては
比較的簡単に利益を上げることができたと思います。


しかし、これからは段々と難しくなっていくでしょう。


わたしも今年に入って投資する仮想通貨案件には
かなり慎重な姿勢をとっています。


これからは本物の
優良案件だけが生き残っていくからです。


昨年までは、ポッと出の案件でも
マーケティング次第で大量の買いが入っていました。


そして上場後、価格が高騰、その後、
暴落していくという流れが多くあったと思います。


しかしこれからは日本でも規制が入り、
ICOの障壁も分厚くなっていきます。


そして優れた事業を展開する会社の
トークンだけが価値高騰を実現していきます。


つまり、昨今の仮想通貨市場は、
“中身のない仮想通貨、ICOの終焉に向かっている”
と言えます。


仮想通貨市場が終焉に
向かっているのではありません。


あくまでも淘汰されるべくして淘汰されている案件が
浮き彫りになってきているだけで、
優良案件は確かに存在しています。


ではどうやって優良案件を見極めるのか?


情報とビジネスを見極める目です。


可能な限り、人より早く、かつ正確な情報を取得し、
事業内容を見極める必要があります。


情報を入手する方法は、足を使うか、
コネを使うか、など様々です。


しかし、人と同じことだけをやっていては
多くの利益をあげることはできません。


人より大きな利益を得るためには、
人とは違うことをしなければなりません。


なかなかそれができないのが現実なのですが…


ちょっと長くなってしまいしたが、まとめると、


仮想通貨市場は終わりではないですよ。


これから仮想通貨で利益を上げるには
ビジネスを見極める目と情報が必要ですよ。


ということが言いたかったのであります。
(もちろんわたしも頼ってくださいね)


問題は実際にご自身で情報を見極められるかどうかです。


ちなみにわたしはある
情報配信サービスを利用して
案件の良し悪しを見極めています。



仮想通貨長者.comでは
仮想通貨市場の最新情報だけでなく、
トラブル情報まで配信してくれます。


なので、危険な仮想通貨案件などを
事前に知ることも可能です。


中には、仮想通貨長者.comが
調査をした優良案件などもご紹介いただけるようです。


また、LINEでも情報を配信してくれるので、
いつでもスマホで情報を受取ることが可能です。


何れにせよ、このサービス無料ですので、
まずは試しに登録してみてください。


というか、仮想通貨投資を行うなら
必ず投資しておいてください。


それでは、皆さんの仮想通貨投資の
検討を祈っています。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>

共通テーマ:マネー

仮想通貨市場の最新情報、入手できてますか? [仮想通貨]




仮想通貨のバブル市場も終焉を迎え、
価格もかなり落ち着いてきました。


これからは本格的にデータ分析や情報収集などを
中心に行ったうえで投資を判断しなければなりません。


それも、誰もが知っている情報ではなく、
最新の情報をどこよりも早く入手する必要があります。


しかし、情報収集は思った以上に骨の折れる作業で、
自分だけでやろうとすると1日中
PCに張り付くことにもなりかねません。


わたしはバブル直後から仮想通貨投資に参加して、
少しだけ利益を獲得することができました。


そしてバブルが終焉した今、バブル時よりも
安定して利益を獲得できています。


総額の利益をで言えば、バブル時よりも
バブル終焉後のほうが儲かっています。


なぜなら、わたしのもとには常に、
仮想通貨の最新情報が自動で舞い込んでくるからです。


自分で調査をしたり、調べたりは殆どしていません。


わたしはあるサービスから受け取った情報を元に
仮想通貨への投資の可否を判断しています。


そのサービスは「仮想通貨長者.com」というサービスです。



本日は、仮想通貨長者.comさんに
特別に許可を得て、記事のシェアをさせていただきます。


具体的に仮想通貨長者.comからどの様な
情報が届くのか、あなたの目でご確認ください。



仮想通貨長者.comからの情報
______________________


ソフトバンクが12日、
ブロックチェーン技術を活用した
モバイルペイメントサービスの
実証に成功したと発表しました。


具体的には、ブロックチェーン技術を活用し、
キャリア間決済サービスでの概念実証に成功したようです。


今回の実証実験はクラウドや
メッセージサービスなどで
有名なシンクロノス社。


キャリア向けブロックチェーンの
革新技術を保有するTBCAソフト社。


上記の2社と共同で行われました。


ソフトバンクは上記2社の技術を
組み合わせた新しいモバイルペイメントサービスを
開発しており、ようやく実証実験まで行き着いたようです。


こちらのサービスを利用すると、
専用のプラットフォームを活用し、
ユーザー同士がP2Pでグローバルに
送金ができるようになるそうです。


※P2Pとは
P2P(ピア・ツー・ピア)とは
複数の端末間でサーバーなどを利用せず、
直接的に通信を行う通信方法です。


ブロックチェーンの分散管理システムも
PC同士のP2P通信が利用されています。


このサービスがスタートすると
今まで活用してきたSMSやEメールなどでも
送金が可能になります。


そうすることで・・・。


以下省略

___________________


この様な情報が定期的にメルマガで
届くようになっています。


また、無料でサービスを受けれる点も
わたしは気に入っています。


これからの時代は、とにかく情報収集能力が
投資の利益に直結していきます。


ぜひ、気になった方は仮想通貨長者.comの
無料メールマガジンに登録して、
最新情報をチェックしてみてください。


⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>

共通テーマ:マネー
前の10件 | - 仮想通貨 ブログトップ
■運動も食事制限も挫折した私が、偶然みつけた手軽に痩せ菌を増やす方法
広告スペース
Copyright © JIN’S日記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます